P-NET信州

渋谷文泉閣HOME » P-NET信州 » P-NET信州とは

P-NET信州グループとは


製版(Prepress)・刷版(Plate)・印刷(Printing)・製本(Postpress)、各分野のプロ(Professional)で構成された印刷をトータルサポー卜する印刷ネットワークのことです。(総人員350人) Pには紙(Paper)・出版(Publication)・パートナ一(Partner) の頭文字も表しています。 お客様のニーズに幅広く対応できる環境づくりをビジョンに掲げ、常に新しいことに挑戦していきます。 豊かな自然と文化のまち長野から最新技術と最高品質を提供いたします。

新しいパートナーに、P-NET信州をお選びください

P-NET信州は、高品質、迅速、そして低価格をモットーに、印刷サービスを提供するグループです。
デジタル情報時代になっても、ますます需要が増え続ける印刷物。私たちは信州から日本全国へ向け、最高の印刷サービスを展開いたします。

充実の設備/充実のスタッフ

設備




CTP出力システム 5台
スキャナー 5台
プルーフ出力  
スピードブルーフ 2台
インクジェット 4台


菊全判8色機 両面兼用 2台
菊全判6色機( U V 仕様) 1台
菊全判4色機 両面兼用 2台
菊全判4色機 3台
菊全判2色機両面兼用 2台
4/6全判両面2色機 1台
4/6全判両面1色機 1台
菊半裁4色機 両面兼用 1台
菊半裁2色機 両面兼用 2台


上製本ライン 2台
並製本ライン 4台
折 機 28台
糸綴機 16台
表紙貼 3台
箔押機 6台
断裁機 11台

スタッフ

D T P  ‥‥‥‥‥‥‥‥ 34名
製 版  ‥‥‥‥‥‥‥‥ 25名
印 刷  ‥‥‥‥‥‥‥‥ 35名
製 本  ‥‥‥‥‥‥‥‥ 190名
管 理  ‥‥‥‥‥‥‥‥ 13名
営 業  ‥‥‥‥‥‥‥‥ 30名
DTPエキスパート ‥‥‥ 17名

手間いらずの一括受注

企画・制作・印刷・製本まで一括でお引き受け、全国の印刷会社様のパートナーとして業務を行ってきた各分野のプロによる仕事です。ご安心ください。

これだけ充実してリーズナブルな価格

一括受注のメリットは価格にも現れます。

P-NET信州グループ会社紹介

制作担当
組版ひとすじ40年
人間力がモットーの情報のプロ
全国津々浦々の書店に並ぶ書籍の中に、アイデスクが制作を担当した書籍を見つけるのは、決して難くありません。創業以来40年、文字を愛し、組版ひとすじに、多くの出版社様、印刷会社様の懐刀として活動してきました。豊かな経験と確かな制作能力。そして、なによりも「人間力」こそが当社の信頼の源です。私どもは、プロの皆様の懐刀として制作をサポートするプロフェッショナルの集団です。
特殊印刷 製版担当
効果的な表現は素材選びから
高付加価値印刷でビジネスを力強くサポート。
1工程で6色印刷プラスニス加工も可能。さらにUV装置で普通紙から特殊紙まで幅広く対応いたします。
私たちは、お客様の満足を第一に考え、信頼され感動していただける企業を目指します。

印刷担当
お客様の想いをどれだけ的確に、ありのままの美しさでお伝えすることができるか、より多くの方に共感していただける新鮮なコミュニケーションメディアとしてお届けす ることができるか、お客様の想いを最適なかたちでお届けするため、つねに最先端をゆく設備と技術の向上、ノウハウの研鑽に取り組んでいます。お客様のご用途や数量などに応じて、フレキシブルかつスピーディに対処する印刷システムをご用意して、大量印刷から、多品種少量印刷、さらに高品位・高精細(FM 20ミクロンCo-Re300)な再現性が求められる印刷物まで、ゆたかな経験に裏付けられたエキスパートが、お客様のご要望にきめ細かくお応えいたします。
印刷担当
昭和46年の創業以来「お客様に信頼される会社」創りをモットーに品質の向上を追及してまいりました。これからも更なる技術力の向上を図り情報化時 代の情報技術と印刷技術の融合に対応して取り組んでまいります。
晶 質・・・・・・
ご満足いただけます
即応性・・・・・・
ご期待にお応えします
大判印刷・・・・・
おまかせください

印刷担当
24時間!
土・日・祝祭日も万全な体制でお応えします
県下初、ハイデルベルク社の8色機とCTPとのコラボレーションにより、さらに高速・高品質・ローコストを実現! カットスターを接続する事で巻き取り紙も印刷可能になりました。
私たちはお客様に信頼できるパートナーとしてあり続け、更に満足していただける品質・納期・価格を目指しています。
製本担当
「上製本の復権」
そのデータ、未来へ残せますか?
現代と未来を結ぶ、記録の懸け橋、上製本
私たちはデジタル技術を活用しつつも、アナログにこだわりたいと考えます。
デジタル化されたバーチャルな磁気テープが、変質しないで後世まで残せるか大問題となりつつあります。グーテンベルグの活版印刷術発明から、長い歴史に証明された上製本形式が今、未来へ残す現代の記録手段としても見直されています。